月別アーカイブ: 2011年8月

世代交代していく杉

江戸時代に伐られた屋久杉の伐根に種が落ち、二代目の杉が育ったり、人が植林して育つ杉が将来また屋久杉の森をつくる。写真=31日、三代杉近く「S90」

カテゴリー: 時をみつめて

今日の一枚

遠く離れた台風12号の影響で、北東の風に乗って雨雲がかかり、里も山も雨が降ったり晴れたりと安定しない天気。写真=29日安房、「X100」

カテゴリー: 時をみつめて

夏の終わりに

写真=28日永田川、X100

カテゴリー: 時をみつめて

色再現

前項のX100、色再現の試撮。写真=28日

 

カテゴリー: 時をみつめて

X100の偉力

この度、発売当初から爆発的大人気の「フジフィルムデジタルカメラ・FinePixX100」を購入した。27日に試し撮りをしたが、予想通りいい結果がでた。

天気は雨が降ったり止んだりの中で、そのX100は偉力を発揮した。フィルムの技術を持つフジフィルムならではの画像。フィルムシミュレーションはフジが販売しているフィルムの種類(プロビア・ベルビア・アスティア)を選択して撮るもので、肉眼で見たものがフイルムで撮ったように色再現は優れている。フィルム党にとっては非常にありがたい。プロフェッショナルユーザー、ハイアマチュアユーザーが支持する理由がここにある。特に、世界№1を誇るフジノンレンズの解像力はすごい。抜けの良さ、シャープさは群を抜く。今後フィルムで撮影する時、参考になるカメラだ。今も注文に対して製造が追いつかない人気で、カメラ店に発注してだいぶ待たされ、同時に頼んだレンズフードは今だ届いていない。入荷は未定という…。写真=27日、いずれもX100

 

カテゴリー: 時をみつめて

日章出ずる頃

ここ一週間ほど毎日、朝日を見ることができた。毎日色や雲の形が違い、一分もしないうちにすべては変わってしまう。これから秋、冬にかけて朝焼けの色はいっそう鮮やかになっていく。

写真=24日05:35分、安房から「S90」

カテゴリー: 時をみつめて

屋久島の夏風景(最終回)

写真=「S90」、「7D」

カテゴリー: 時をみつめて

ひまわり

小島集落、県道横の畑では今、ひまわりが満開!ここ2、3日が一番の見ごろ。

写真=20日、小島 「7D」

カテゴリー: 時をみつめて

朝焼けの雲

月が空に残る雲の朝焼け。

今年の盆休みは長く、今日の縄文杉登山者は600人。

写真=18日05:48分、荒川登山口 「S90」

カテゴリー: 時をみつめて

天文の森から

最近、各登山口では朝の最低気温が20℃をきる日が多くなってきた。里地は日中30℃を超しているが、山は秋に向かっている。屋久島の秋は、毎年標高1800mから徐々に始まっていく。写真=17日、天文の森 「S90」

カテゴリー: 時をみつめて