月別アーカイブ: 2012年4月

サクラツツジ

昨年は4月下旬まで気温が上がらず、咲く時季を逃がし全滅(開花せず)に近かったサクラツツジ。今年は多少期待できそう。=白谷線

カテゴリー: 時をみつめて

幻想の先へ

カテゴリー: 時をみつめて

ナナカマド

昨年は花が少なかったナナカマド。今年は蕾も多く、期待できそう。=トロッコ道、みだれ橋

カテゴリー: 時をみつめて

緑の回廊

新緑が太陽の光に照らされ、空気までもが緑に感じる。逆光で下から見上げると葉のグラデーションが素敵。=白谷線、西部林道

カテゴリー: 時をみつめて

潤い追加

昨日の天気とはうって変わって、朝から小雨。森のコケもやっと本来の色艶が増した。=今日の小杉谷、太鼓岩から

カテゴリー: 時をみつめて

新緑加速

一雨ごとに気温が上がり、照葉樹の新緑は里山からいっきに高い山へ加速して行く。先に出た若葉は黄緑から濃い緑に変わってきた。=12日、白谷線車道から宮之浦方面

カテゴリー: 時をみつめて

雨足りず

10日夜から降りだした雨は11日の夜中には止み、12日には天気も回復。白谷雲水峡へ苔の撮影に行ったが、意外と雨量が少なかったようで、湿ってはいたものの、先端までシャキッっとなったものはごくわずか。=12日、白谷

カテゴリー: 時をみつめて

そこには最高の景色がありました

山桜の花も、ほぼ終わった小杉谷は、絵画の筆で描いたように色鮮やかな風景が広がる。濃い緑は杉、黄緑はオナガカエデ、白は山桜の花、赤茶は葉桜。太鼓岩から見たこの景色は、一年で今が最も美しい時季。=10日、太鼓岩から

カテゴリー: 時をみつめて

雨待ちの森

爆弾低気圧が過ぎ去った後は、4日の夜から5日の明け方まで、一部の山は小雨が降った程度。その後は晴れと強風で、森は乾いた状態が続いており、特にコケは色艶もなくパサパサになっている。10日夜から11日にかけて雨の予報。コケまでとどく雨になってほしい。=10日、白谷

カテゴリー: 時をみつめて

GAS EPOCH様 2012年春号

一般社団法人 日本ガス協会様季刊誌 GAS EPOCH2012年春号(非売誌) = 表紙(表裏一枚)の写真を提供しました。

カテゴリー: Works