月別アーカイブ: 2015年2月

シリーズ… Rain

s-IMG_9827昨夜からショボショボ、シトシト降る雨。夕暮れ前、いつもこの道を散歩しているおじさんが今日も傘を差して歩いていた。=28日、松峰〈3月末までRainはシリーズで掲載します〉

カテゴリー: 時をみつめて

芽吹き

s-DSCF6477この時期は三寒四温の繰り返しで四温の内一回は雨になる事が多い。里地では昨年より少し遅めに植物の芽吹きが始まっている。=26日、タブノキの芽吹き

カテゴリー: 時をみつめて

雨上がりの黄昏瞬景

s-DSCF6429s-IMG_9819黒い雲の彼方には朱色の雲が隠れている。=22日、尾之間

カテゴリー: 時をみつめて

三寒四温

s-DSCF6419昨夜から多少強く降っていた雨は昼過ぎに止んだ。尾之間で一時的に雲の切れ間から陽が射し込んでモッチョムを照らしす。今日は南からの風で気温も17℃まであがり、春一番が吹くかと期待したがそれはなかった。これから三寒四温を繰り返し春が訪れる。=22日、尾之間

カテゴリー: 時をみつめて

Movie: 雪の白谷雲水峡をUPしました

昨年12月に撮影した映像作品、「雪の白谷雲水峡」をMovieにアップしました。Movieの映像は画面右下のHDをクリックしてご覧ください。

カテゴリー: 時をみつめて

雪の白谷雲水峡 -HDでご覧ください-

雪の白谷雲水峡 YAKUSHIMA-Shiratani Unsuikyo of snow from Shigeo Horie on Vimeo.

カテゴリー: movie

記憶に残る写真

s-DSCF6372屋久島に住んで17年目に入った。住み始めた時からずっと部屋に飾ってあるモノクロの写真。薄紙にざっと貼り付け安物の額に入れてある。これは大阪で写真学校に在学中撮影のため大阪の豊能郡豊能町に、2年間通い続けた時に撮った作品で、一番心が揺さぶられ記憶に残る写真。写真の原点であるモノクロ写真を忘れないために今も飾ってある。写真を見るたび当時のことが蘇り、写真という記録がいかに大事かを痛切に感じる。デジタル写真全盛期の今、デジタルカメラでも撮ってはいるけれど、フィルム写真の魅力にはまだかなわないと思っている。フィルム写真をこよなく愛する者として今後、フィルムでも撮り続けます。現在、3.000カットのポジフィルムを最終600カットまで絞り込む作業をしていますが、一枚一枚に愛着があり、撮影したときの状況ははっきりと覚えています。すべて記憶に残る写真です。

カテゴリー: 時をみつめて

猫がいる家

s-IMG_9563車で走っていたら、猫が一列に並んで昼寝をしていた。車を停め、降りて猫の近くまで寄って撮っていると、通りかかった近所のおじさんが「15匹いるからね」と言っていた。体が白と黒の模様ばかりだったのでおそらく親子ではないかと思う。=16日、尾之間

カテゴリー: 時をみつめて

雲の中から現れた

s-DSCF6290昨夜の雨が止んで、屋久島の南側では晴れ間も出た。山は厚い雲に覆われていたが、突然雲の中からモッチョム岳の一部が現れた。一瞬、仏像に似た様相。=16日、尾之間

カテゴリー: 時をみつめて

桜、三分咲き

s-DSCF6110原集落、千尋の滝(せんぴろのたき)駐車場では桜が三分咲きでした。一週間以内で満開になると思われる。写真=14日、千尋の滝

カテゴリー: 時をみつめて