ある日突然に起きる出来事

s-IMG_04518年前の9月にウィルソン株近くの翁杉が倒れた。推定樹齢2000年のこの杉は縄文コースでは2番目に大きかった。一部だけが生きていて他が朽ちてしまっていた。台風でゆすられ、き裂が入ったのか?台風が過ぎ去った2、3日後の夜に倒れた。今月23日、縄文一泊で上がる時、トロッコ道迎橋近くの切り株(江戸時代に伐倒された)はなんともなかったのに、翌日の昼、通りかかったら倒れていた。生木の部分は両端だけだった。6種類の着生植物を育てていただけに残念だ。ゆっくりとした時間を過ぎ、こうしたことがある日突然に起きる出来事。植物も人も同じだと思う。=24日12:32、トロッコ道


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。