再生の始まりとして

DSCF3688s江戸時代に伐られた屋久杉の切り株に苔が付くと、植物の種にとっては最高の苗床となる。高ければ高いほど光が当たり、新芽は鹿に食べられることなく、水分は苔から補給できる。森の再生は切り株が重要な役割を担っている。


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。