写真展「神々からの伝言」

現在開催中の堀江重郎写真展「神々からの伝言」-屋久島-(屋久島・ツアーガイド旅樂ギャラリー)は展示が今月末までとなりました。10月5日より始まった写真展ですが、開催初日からたくさんの皆様がご来場下さいましてありがとうございます。「写真展だけを観に来ました」と、遠方よりわざわざ来島された数名の方々には頭が下がりました。謹んでお礼申し上げます。

作品「神々からの伝言」は、屋久島の伝統文化で500年前から続いている山岳信仰「岳参り」から始まる壮大な物語で、山や森と関わり、里で暮らす人々に「神々は何を伝えたっかたのか?」を500年前から現在まで、時の流れを想像しながら切り取った「山・森・水・人」のドキュメンタリー作品です。10年以上の歳月をかけて撮影した作品群(セレクトした3万カット)から、ほんの一部を展示しています。

写真展は今回新たに、全紙サイズ4点、半切サイズ10点、昨年屋久島町原・nomado  cafe  galleryで開催した作品の中から、六つ切・四つ切の16点も追加して計30点を展示しました。

今月末までです、是非お立ち寄り下さい。 尚、ご来場の際は記帳簿に住所、氏名をご記入くださいます様お願いいたします。(次回、開催時のご案内をさせて頂きます)

AM 11:00~PM 6:00 月曜日休館

写真=『海へ帰る』 雨や苔の雫が急峻な山を駆け下り、大川になって母なる海に帰る。山の水は海の生き物にも大量のプランクトンを与え、生命の循環が始まり、水温が高い海水は蒸発して雲を作り、雨となってまた森に返す。命のつながりは全て水によって行われる。山で神として祀る「一品法寿」は「一品宝珠」と同じ意味合いを持つ。時にはいきもののように見えることがある。(写真展、展示写真解説小冊子より)


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。