奥岳、神の領域へ

霧雨の中、黒味岳に着いたのが12時10分頃。視界は20mぐらいで、頂上からは360度白、白、白で遠くまでまったく見えない!。西からの冷たい風が岩の下から吹き上げ、かなり寒い。体感温度は5℃ぐらいで手の指がかじかむほど。だが、奇跡は起きた!!。8分後、奥岳全域でいっきに霧がとれて、海まで見える。神の微笑みか?、写真を撮らせてくれた。その時間5分ほど……。撮り終わると、また元に戻り視界が無くなった。

写真=黒味岳からトーフ岩方面/22日、「Canon Power Shot S90」


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。