小雨の中で見た水墨画

s-IMG_1603冷たい小雨が降る白谷雲水峡。苔は沢山の水分を含んでこの時期にしては色、艶が出て緑が際立っていた。太鼓岩まで登ると、奥岳は七合目あたりから厚い雨雲に覆われまったく見えず。だが、小杉谷は谷から水分が蒸発し、雲になってゆっくり尾根を越えていた。雨雲で山は暗く、白と黒の光景はまるで水墨画のようで神秘的だった。=10日、太鼓岩から


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。