断続的に噴火する桜島、写真校正

s-IMG_7493錦江湾に入ると、もやがかかったように噴煙が南がわへ流れていた。その後も風向きが変わる方へ流れ、断続的に噴火していた。その噴火を見ながら、写真集の写真校正のため印刷会社を訪問する。校正する13点の写真に対して細かく指示する。本番前の刷り上がりが楽しみだ。=16日、鹿児島


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。