森、雑観

s-IMG_7719苔の上に枝ごと落ちていたノリウツギ(ゆきのした科)の花びら。8月に白く咲いたノリウツギの花びらは、花期が終わっても造花のようになって冬まで残ります。
s-IMG_7842小さい切り株の上で育つシキミの幼木。毒性があるため鹿に食べられることはない。


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。