樹を見上げる

雨が止んでまもない森は、樹の枝葉や苔から、まだ降ってるかのようにたくさんの雫が落ちてくる。樹を見上げるとその雫が顔に当たり、命の水を実感した。


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。