高地はやはり涼しい

DSCF0081sDSCF0118s標高1.800mまで上がると気温が里地とは一変する。この日は北よりの風が吹き、陽が当たる所は強烈な暑さになるものの、日陰に入り休憩していると肌寒さを感じるほど涼しかった。=29日、花之江河/黒味岳


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。