光が落ちる

昨夜からの雨は9時頃には止み、空はいっきに青空が広がった。木々の枝に着いたコケにはたっぷりと雨水が溜まり、それが風によって落とされる。落ちる水滴は太陽の光が当たり、輝きながら下にある枝の葉に当たると、はじけてまた落ちる。それは光の雨に見えた。まるで線香花火。いや、線香花火よりきれい!

写真=23日、天文の森 「OLYMPUS PEN E-P1・17mmF2・8」


カテゴリー: 時をみつめて パーマリンク

コメントは停止中です。